9月27日(日)花の木商店街 軽トラ朝市

湯布院町花の木通り商店街軽トラ朝市

なんだか楽しそう♪朝8時からのお買い物

9月27日(日)にJR由布院駅からすぐの花の木商店街で軽トラ朝市が開催。由布市内各地域から新鮮なお野菜が軽トラでやってきます。

8時30分からはなんとお餅が

数量限定でつきたてのお餅を「おせったい」してもらえます。きなこ・おろし醤油・あんこのトッピングもあるそうです。お餅がいただけるなら早く行きたい。早起きは三文の得はまさにこのことでしょう。

「おせったい」ってなんでしょう?

大分出身でない私は全く知らなかったのですが、最近は大分の方でも若い世代は「おせったい」を知らない方が増えているそうです。私も上手く説明できないので引用させていただくと

大分県立図書館公式HPよると…

大分県内の「お接待」行事について
消えゆく伝統行事、お接待とはどんな行事なのでしょうか。
お接待といえばどうしても四国巡礼が思い浮かびます。『四国遍路の民衆史』にはお接待について次のように書かれています。お接待の考え方などがよく分かると思います。

“「接待」という名の福祉活動

 遍路を助けよう
どんな貧しい人でも長旅の遍路に出られたのは、地元四国で「接待」という行為がなされていたからである。つまり、遍路している人を助けるために、米・味噌・野菜の食べ物や、わらじ、手拭、ちり紙などの必要品を与えてねぎらう風習がそれである。…遍 路者を信仰心厚い求道者として遇する社会の同情も消えることはなかった。…また接待が積極的に行われたもう一つの大きな理由は、…遍路への施しが大師(弘法大師空海)への供養・報謝と同意義だという感覚が育まれたからでもある。… ”
このようにお接待とは大師信仰から生まれた風習・行事で、寺社への参拝者に飲食物をふるまうことですが、一般には弘法大師を信仰する人々が、毎年旧3月と7月の21日に大師の像をまつり、参拝者に菓子やモチ・握り飯などを接待することをいいます。

豊の国情報ライブラリー大分県立図書館公式HPより

まさにこれは「情けは人の為ならず」ですね。自分ができる時に人の為にできる事をして、それが徳を積む事に繋がる事を昔の人は実践していたのですね。

また軽トラ朝市に参加して地元のものを食べたり買ったりする事で地域の産業のお勉強になりますね。同じ由布市民であったり湯布院町民であってもきっと新たな発見があるのでしょう。よいイベントだと思います。

1日限定の開催です

  • 日  時:平成27年9月27日(日)
  • 時  間:午前8時〜正午まで
  • 会  場:花の木通り商店街

チラシをダウンロードできます

花の木商店街 軽トラ朝市
平成27年9月27日(日)
花の木通り商店街事務局
TEL 0977-84-5215

※ご質問又は詳細については花の木通り商店街事務局へ直接お尋ね下さい。TEL 0977-84-5215

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


YSYufuinStyle管理人

投稿者プロフィール

ガイドブックだけではわからない地域目線の湯布院情報を。
記事掲載以降に内容が変更になっている場合がたまにありますが、お知らせいただければお店に確認の上、できるだけ早めに修正いたします。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. 道の駅ゆふいん結の市
    ゆふいんの旅の拠点でイベント 11月19日に道の駅ゆふいんにて、地元の食材を使用したお料理・スイー…
  2. みやま市で湯布院の工芸作品展 福岡県みやま市のギャラリーで湯布院の作品に触れませんか。陶工房由布き…
  3. ゆふいん暮らしのデザイン協会秋の限定ショップ
    様々な作家さんの作品を一堂に楽しめる秋の限定ショップ 「ゆふいん暮らしのデザイン協会」とは、暮らし…
  4. 20代〜45歳まで/定員20名ずつの恋活イベント 12月3日(日)の16時〜湯布院町のレストランY…
  5. カイ
    「今月の猫さん」は、塚原高原の工房「木屋かみの」さんのカイくんです。何かびっくりされていますね。 …
  6. 夜パスタ食堂 湯布院原っぱカフェ
    みなさん、ランチが人気の原っぱカフェさんが夜だけパスタ屋さんに変身するのご存知ですか? その名も「…
湯布院町チラシリンク集ページへ

湯布院ピンポイント天気
ページ上部へ戻る